技術面だけでなく、筋力やスタミナ、精神力を鍛えることも重要です

ミット打ち

ボクシングで勝つためには基本姿勢と攻撃のコンビネーション、防御などの技術的なテクニックを自分のものにするため、トレーナーの指導の下で正しい練習をつむ必要があります。また、技術練習だけでなく、筋力やスタミナ、逆境にも心が折れない強い精神力を得るための基礎練習も欠かせません。

基礎的な技術練習では、パンチを当てるタイミングやリズム感の習得、肩や上腕部の筋肉の強化、あるいは相手のパンチを見極めるための動体視力を養う目的でパンチングボールを使用したトレーニングが行われます。

パンチングボールには、上部を固定して吊り下げるシングルタイプと、ボールの上下にゴムをつけて固定したダブルタイプの二つがあります。

シングルでボールを打つタイミングに慣れてきたら、フックやアッパーを組み合わせたり、パンチの強弱やリズムを替えるなど自在性を身に付けるようにし、ダブルでは、フットワークとボディワークを組み合わせるようにしましょう。

正しいパンチの打ち方、長いラウンドをこなすためのスタミナの強化、筋力トレーニングを養ううえで欠かせないのが、天井から吊るされた打撃用の練習袋サンドバッグです。サンドバッグを打つ練習は、その目的によって大きさや固さを調整することができます。

大きいサンドバッグは、強く打つことで筋力を向上させることができます。この際、正しい姿勢で打つこと、ナックルを正しく当てることを意識することが大切です。一方、サイズの小さいサンドバッグは前後左右に揺らして使用することで、動く相手やパンチをイメージして練習することが出来るというメリットがあります。動くサンドバッグを繰り返しかわすことで、バランス感覚を養うこともできます。

サンドバッグ

慣れてきたら、対戦相手を想定して、ただ単にパンチを当てることだけではなく、ステップを使いながら、様々な位置や角度からパンチを打ち込んだり、素早く防御の姿勢には入れるようにするなど、より実践的な練習をサンドバッグを使って行うようにします。

攻撃と防御を組み合わせたコンビネーションを身につける有効な練習方法としては、トレーナーがミットを構え、そこをめがけてパンチを打つという「ミット打ち」があります。トレーナーが構えるミットはパンチを受けるためだけのものではなく、時にはパンチとして繰り出し、それを防御しながら攻撃につなげるという練習も行われます。

ボクシング初心者の場合、パンチングボールやサンドバッグなどでの練習成果を実際にトレーナーに確認して、問題点を挙げてもらい、それを修正につなげることができるというメリットがあります。

自分自身のフォームの確認、フットワーク、ディフェンス、コンビネーションなど、ボクシングを行ううえで必要なあらゆる動きを練習するために行なわれるのが、仮想相手をイメージしながら一人でボクシングを行う「シャドーボクシング」です。フォームの確認を目的に行う場合にはジムにある鏡をみながら、相で無い場合には鏡を使わずに仮想の対戦相手を創造しながら行います。ディフェンスの動きを取り入れるとより実践的な内容の練習になります。

リングに上がって行うトレーニング法ではまず、相手にパンチが当てる寸前で止めたり、距離をとってパンチが当たらないようにしたりするなどで、パンチを相手に当てない、あるいは軽く当てる程度に行う「マスボクシング」が行われます。相手にパンチを浴びてコーナーに押し込まれることが無いので、相手と向き合って技術の確認をできるのが特徴です。次に挙げる「スパーリング」と異なり、初心者向けに遅いスピードで行うことにより、ボクシングへの恐怖感を克服したり、対人感覚を身につけるためにも重宝します。

危険防止のためのヘッドギアやノーファウルチップなどを装着するものの、そのほかは実際の試合形式と同じ対戦形式で行うのが「スパーリング」です。他の練習で培った技術、体力などを総合的に試す絶好の機会です。新たな課題が見つかったりそれをまた他の練習で克服していくことで、次なるレベルに進むことができます。

 
ボクシングの減量 ボクサーの栄養管理 基礎トレーニング ロードワーク スパーリング